認定看護師にキャリアアップ

資格取得制度

医療の現場では、高い専門知識が求められることが多くなっています。当院では、新卒・中途・年齢を問わず資格を取得することが可能です。
IMS(イムス)グループでは、人材育成支援のため、より専門性を磨き、更に高いレベルの看護を目指してもらうためのサポート体制が整っています。

長期にわたる外部研修費用は、すべて病院負担です。規定で認められた研修の場合、研修で病院をはなれている間も通常勤務扱いとなり、給与も保証されます。


制度の内容
  ●研修期間中の身分保障:研修前の身分・職位を保証します
  ●資格取得後奨励金の支給:受講料や交通費など研修にかかった費用の支給します
  ●退職金算定期間対象:研修期間中休職となるが、算定期間となるます
  ●貸付金支援:研修期間中の生活費の貸与します

認定看護師・実習指導者インタビュー

認定看護師

訪問看護

訪問看護とは、在宅療養者や看護職が不在の施設等に看護師が訪問し、看護の提供をすることです。主に、在宅療養者さまとご家族が安心して、その人らしい生活を送ることが出来るよう支援をしています。また、在宅期間短縮、高齢化に伴い、介護だけでなく医療が必要な状態での隊員が円滑にできるよう、病院関係者との連携を進めています。


皮膚・排泄ケア

・褥瘡などの創傷管理およびストーマ、失禁等の排泄管理
・患者・家族の自己管理およびセルフケア支援
などを行う中で皮膚排泄ケアは看護師の働きの中でも重要な役割の1つであり、常にやりがいを感じています。


実習指導者

臨床実習指導者とは、看護学生の臨床実習をサポートするエキスパートです。
看護学校の先生と連携して、実習生の指導はもちろんスタッフへの指導・教育を行うリーダーとして活躍します。
そんな実習指導者が当院には約42名在籍しています。
多くの指導者がいるメリットは、院内スタッフへの指導が高いレベルで実施できる。新卒看護師への研修や業務内の相談・悩みに答えられる職員が多い。などの、院内の教育体制がしっかりと実施できる環境にあると言えます。


他に「感染管理、訪問看護、皮膚・排泄ケア、認知症看護、緩和ケア、透析看護」の認定看護師がいます。